肝付兼続

きもつきかねつぐ ( kimotsuki-kanetsugu )
1511 〜 1566


肝付兼続 年表



肝付兼続。大隈国高山城を居城とする十六代目。父は兼興
1533年、父が没し、父の弟、兼執を滅ぼして家督を継ぐ。 島津貴久の姉を正室に迎え、妹を貴久に嫁がせて友好を保たせると、 肝付兼続は次々と城を落として所領を拡大。 1553年に嫡子、良兼に家督を譲る。
次第に島津氏との関係が崩れていくと、 肝付兼続は日向国の伊東氏と結ぶようになり、 1558年島津忠親と争い、 1561年、大隈国の廻城を奪い、 竹原山の戦い貴久の弟、 島津忠将を戦死させるが、敗れて廻城を奪われてしまう。
1562年伊東氏と連合。 志布志を攻め落とし肝付家最大の版図を築くと兼続は志布志を隠居地として移り、 1564年には忠親と、 1566年には北郷時久と争い勝利するが、 島津氏に高山城を落とされ、志布志で自害したといわれている。

他の戦国武将歴史年表を探す

肝付兼続 グッズ

肝付兼続 グッズ

肝付兼続