北信愛

きたのぶちか ( kita-nobuchika )
1523 〜 1613


北信愛 年表



北信愛。陸奥国剣吉城主。第二十一代目の祖父、 南部信義の嫡男、致愛の嫡男。
父は祖父の没後に生まれて家督を継げず、母方の北氏を継ぐ。
北信愛は合戦の際には髻に小さな観音像を収めて戦場に赴く。祖父の弟の孫にあたる第二十四代目、 南部晴政南部信直を養子に迎えるが、 1570年に嫡子、 晴継が生まれて対立すると信直を保護。 対立する晴政の隠居により晴継が後を継ぐと、補佐する。
1582年晴政晴継と相次いで没すると家督争いが起こり、 北信愛は信直を擁立して家督を継がせ、側近として内政、外交と活躍。 1587年、 使者として加賀国の前田利家を訪ねて豊臣秀吉に臣従の意思を伝え、 1591年九戸政実の乱が起こると、 上洛して秀吉に援軍を要請する。
1598年、花巻城代の信愛の二男が没してしまい、跡を継いで八千石。 1599年信直が没すると隠退を申し出るが、 跡継ぎの南部利直に許されず重用。北信愛は剃髪して松斎と号し、 1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属して花巻城を守備。 伊達政宗扇動の一揆勢が迫るが、巧みな戦略で城を守り切る。

他の戦国武将歴史年表を探す

北信愛 グッズ

北信愛 グッズ

北信愛