木沢長政

きざわながまさ ( kizawa-nagamasa )
???? 〜 1542


木沢長政 年表



木沢長政。畠山家に仕える。
当主の畠山義尭に従うが、 独自に細川晴元に接近して細川高国と対立。 1531年高国が自害すると、 木沢長政は高国方細川尹賢を攻め滅ぼし、河内国飯森城主となる。
外敵を廃すと次第に内部の権力争いへと移り、 晴元三好元長義尭と対立。 両者に飯森城を攻められるが、1532年晴元の要請による一向一揆の加勢を得て撃退。 一向一揆は両者を自害させ、暴動へと発展すると、一向一揆と対立する法華一揆の力を借りて勢力を弱め、 1536年、今度は法華一揆を弱める。
それからの木沢長政は遊佐長教と結んで畠山氏の実権を握り、 大和国信貴山城などを築城するが、次第に晴元三好政長三好長慶と対立を深め、長教とも対立。 1541年、木沢長政は攻勢に出るが、翌1542年、河内国高屋城を追われ、 河内国太平寺にて細川三好遊佐の連合軍に敗れ討死してしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

木沢長政 グッズ

木沢長政 グッズ

木沢長政