九戸実親

くのへさねちか ( kunohe-sanechika )
???? 〜 1591


九戸実親 年表



九戸実親。陸奥国の南部氏の一族と言われている。
当主の南部晴政には男児がいなく、1565年、 一族の石川高信の子、信直に長女を嫁がせて婿養子とし、 実親は晴政の二女を妻に迎えるが、 1570年南部晴継が誕生。
1582年晴政、子と相次いで亡くなると家督争いが勃発。 重臣らによって信直が強引に当主となると、 信直による晴継の暗殺の疑いも重なり、 兄の九戸政実に擁立される。 各地で攻勢を繰り返し、1591年に挙兵。 南部氏精鋭の九戸軍は次々と進軍するが、 信直豊臣秀吉に援軍を依頼。 豊臣秀次の仕置軍に押し込まれ、九戸城に籠城。 善戦するも助命の約束に応じ、兄が出家姿で降伏。実親の抵抗むなしく、兄や一族と共に斬殺されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

九戸実親 グッズ

九戸実親 グッズ

九戸実親