黒田長政

くろだながまさ ( kuroda-nagamasa )
1568 〜 1623


黒田長政 年表



黒田長政。官兵衛の長男。幼名は松寿丸。
父が織田信長の家臣、 羽柴秀吉中国攻めに従うと、 人質として秀吉に預けられる。1578年荒木村重信長に反旗を翻し、 父が有岡城に説得に向かうと幽閉されてしまう。そのため信長に謀反を疑われて処刑されそうになるが、 竹中半兵衛の機転に助けられる。
1582年本能寺の変にて信長が没すると、 黒田長政は父と共に秀吉に従い、 1583年賤ヶ岳の戦いで功をあげ、 1584年蜂須賀正勝の娘を妻に迎え、 小牧、長久手の戦いや、 1585年紀州征伐にて大坂城を守る。 1587年九州征伐に参陣。 黒田長政は日向国財部城攻めで功をあげ、 戦後の伊予国移封を拒む城井氏を謀殺。
1589年、黒田長政は父の隠居により家督を継ぎ、 1592年文禄の役1597年慶長の役にて朝鮮に渡海。 1598年秀吉の没後は徳川家康に接近。 妻と離縁して家康の養女を正室に迎え、 黒田長政は1600年会津征伐に従軍。 関ヶ原の戦いでは父譲りの知略で西軍の諸将を調略。 戦場では武勇優れる勇将ぶりを発揮し、黒田長政は一番の功労者として家康に賞され、 筑前国に五十二万三千石(実質百万石)を与えられる。
筑前国に移り、父と共に福岡城を築城。黒田長政は初代福岡藩主となり、 1614年大坂冬の陣で黒田長政は江戸城を守り、 1615年大坂夏の陣に参陣する。

他の戦国武将歴史年表を探す

黒田長政 グッズ

黒田長政 グッズ

黒田長政