桑山元晴

くわやまもとはる ( kuwayama-motoharu )
1563 〜 1620


桑山元晴 年表



桑山元晴。重晴の二男。
豊臣秀長、その養子の豊臣秀保と仕え、 1592年文禄の役にて朝鮮に渡海。 1594年秀保が没して断絶すると豊臣秀吉に仕える。
1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属し、 戦後に大和国葛上郡に二千石加増され、大和国御所藩一万石の初代藩主となる。 1606年、父の没後に六千石。 1609年、長男の改易により和泉国谷川藩一万石が加えられ、二万六千石を領する。
没後は二男が後を継ぐ。

他の戦国武将歴史年表を探す

桑山元晴 グッズ

桑山元晴 グッズ

桑山元晴