前田玄以

まえだげんい ( maeda-geni )
1539 〜 1602


前田玄以 年表



前田玄以。美濃国の出身。尾張国小松原寺の住職とも比叡山の僧とも。
織田信長に仕えて嫡子、織田信忠に付けられ、 1582年本能寺の変では、 信忠の命で岐阜に逃れ、 その嫡子の三法師(秀信)を尾張国清州城に移す。
1583年には信長の二男、 織田信雄に仕えて京都所司代に任ぜられるが、 翌1584年には羽柴秀吉に仕え、 1585年に丹波国亀山城主となり五万石与えられ、 1588年後陽成天皇の聚楽第行幸では奉行を務める。
前田玄以ははじめキリシタンを弾圧するがのちに理解を示し、 バテレン追放令後の1593年には京都でキリシタンを保護するなど尽力。 1598年には五奉行のひとりに任じられる。
1600年関ヶ原の戦いで前田玄以は、 西軍に属す一方で東軍の徳川家康石田三成の挙兵を知らせるなど行い、 戦後、所領を安堵。丹波国亀山藩主となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

前田玄以 グッズ

前田玄以 グッズ

前田玄以