長尾景英

ながおかげひで ( nagao-kagehide )
1479 〜 1527


長尾景英 年表



長尾景英。庶流、白井長尾家。景春の嫡男。
1473年、祖父の没後、主君、上杉顕定が長者の惣社長尾家、 忠景に家宰を継がせると父は不満を持ち、1476年上杉氏と敵対する古川公方、足利成氏と結んで謀反。
成氏の下におり、1487年、 上野国の山内上杉家と武蔵国の扇谷上杉家が争うと、 父は扇谷家の上杉定正に加担。父と共に戦うが、 成氏が山内家と和睦すると父から離反。 景英は顕定の下へと戻り家督を継ぐ。
1510年顕定が越後国の内乱に介入して敗れ、自害。 養子の古川公方、足利政氏の弟、上杉顕実が跡を継ぐが、 景英らは同じく養子の上杉憲房を擁立して勝利する。

他の戦国武将歴史年表を探す

長尾景英 グッズ

長尾景英 グッズ

長尾景英