長尾憲長

ながおのりなが ( nagao-norinaga )
1503 〜 1550


長尾憲長 年表



長尾憲長。嫡流の足利長尾家。景長の嫡男。 上野国の山内上杉家に仕える。
関東管領、上杉憲房に仕え、父から家督と家宰の職を継ぐ。 1525年憲房が没すると、 上杉憲政がまだ幼少のため、 以前から養子の古川公方、足利高基の二男、上杉憲寛が継ぐ。
高基の子の元服の際、同族の越後国守護代、 為景を介して第十二代将軍、足利義晴から一字拝領。 足利晴氏と名乗り、憲長は但馬守を受領。
家督争いの後の1531年憲政に家督が戻った後も家宰を務める。

他の戦国武将歴史年表を探す

長尾憲長 グッズ

長尾憲長 グッズ

長尾憲長