長尾為景

ながおためかげ ( nagao-tamekage )
???? 〜 1536


長尾為景 年表



長尾為景。父は越後国守護代、能景。 子に晴景上杉謙信
1506年、加賀国の一向一揆が越中国に侵攻。 守護の畠山氏の救援要請に応えて父は神保慶宗と共に戦うが、 一向一揆と通じる慶宗が戦線を離脱して孤立。 般若野の戦いにて討死してしまい、家督を継ぐ。
1507年、長尾為景は越後国守護の上杉房能に謀反を疑われて挙兵。 敗死させると、その養子の上杉定実を擁立するが、 1509年、上野国の山内家を継ぐ房能の兄、 関東管領の上杉顕定が越後国に侵攻。 長尾為景は定実と共に佐渡国に逃れる。
翌1510年に反攻。高梨政盛らの助力も得て、 長森原にて顕定の軍を破り敗死させて越後国の国政を掌握。 1513年定実らと敵対するが、勝利して幽閉。 1519年、長尾為景は畠山氏に誘われて越中国に侵攻。 神保氏に一度は破れるが、 翌1520年慶宗を敗死させて仇を討ち、 1521年、一向宗信仰の禁止令をを出す。
以後も越後国内では守護方の反乱が相次ぎ、長尾為景は転戦。 1536年、有利な状況ながら隠居に追い込まれる。

他の戦国武将歴史年表を探す

長尾為景 グッズ

長尾為景 グッズ

長尾為景