中川秀成

なかがわひでしげ ( nakagawa-hideshige )
1570 〜 1612


中川秀成 年表



中川秀成。清秀の二男。
1583年賤ヶ岳の戦いにて父が戦死してしまい、 兄の秀政が家督を継ぐが、1592年文禄の役にて朝鮮に渡海し、1593年、 鷹狩り中に敵兵に包囲されて殺害されてしまい、戦死と報告するも露見。豊臣秀吉の怒りを買うが、 父の功績により兄の遺領の半分、播磨国三木城主六万六千石を継ぐことを許される。
1594年、中川秀成は豊後国岡城に移封。七万四千石を与えられ、 1597年慶長の役にて朝鮮に渡海。 1600年関ヶ原の戦いでは客分が旗を持ちだして西軍に加担。 この疑いを解くために豊後国臼杵城を守る西軍の太田一吉を攻撃。戦後、所領を安堵される。

他の戦国武将歴史年表を探す

中川秀成 グッズ

中川秀成 グッズ

中川秀成