南光坊天海

なんこうぼうてんかい ( nankoubou-tenkai )
1536 〜 1643


南光坊天海 年表



南光坊天海。出自は蘆名氏とも、足利氏とも、 明智光秀とも言われる天台宗の僧。
天台宗を学び、近江国比叡山や奈良、大和の国で学を修める。
1590年頃から徳川家康の下にあり、 1599年、武蔵国川越喜多院の住職を務め、参謀として朝廷との交渉などに従事し、喜多院や日光山を再興。 1616年に大僧正となり、家康の没後、 神号を巡り本多正純以心崇伝らと争うが、 南光坊天海の「東照大権現」に決まり、 1617年、日光山に改葬される。
1624年、幕命により忍岡に寛永寺を創建。 政治の才を生かしてのちに江戸の街作りに尽力する。

他の戦国武将歴史年表を探す

南光坊天海 グッズ

南光坊天海 グッズ

南光坊天海