蜷川親長

にながわちかなが ( ninagawa-chikanaga )
1534 〜 1610


蜷川親長 年表



蜷川親長。第十三代将軍、足利義輝に仕える丹波国蟠根寺城主。 父は親世
故実に通じ、文芸に秀でる。父の姉妹の夫、斎藤利賢の娘を妻に迎える。
1565年義輝が暗殺されてしまい、 のちに室町幕府が滅亡すると所領を失い、妻の縁戚である土佐国の長宗我部元親に仕える。
跡継ぎの長宗我部盛親にも仕えるが、 1600年関ヶ原の戦いにて西軍に属して改易。 資材の点検を命じられて手腕を発揮。この時の一揆鎮圧の功により徳川家康に仕え、 1602年、五百石を与えられて家康の御伽衆となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

蜷川親長 グッズ

蜷川親長 グッズ

蜷川親長