丹羽長重

にわながしげ ( niwa-nagashige )
1571 〜 1637


丹羽長重 年表



丹羽長重。長秀の長男。
丹羽長重は父と共に羽柴秀吉に従い、 1583年賤ヶ岳の戦い1584年小牧、長久手の戦いでは病床の父の代わりに出陣。 1585年、丹羽長重は父の跡を継いで越前、若狭の国と加賀半国の領主となるが、 越中征伐にて家臣の軍律違反があり越前と加賀の国を召し上げられ、 溝口秀勝長束正家などの重臣も召し上げられてしまう。
1587年九州征伐でも家臣の軍律違反を理由に若狭国を召し上げられ、 加賀国松任四万石に転封されてしまう(秀吉による勢力縮小が狙いとも)1590年小田原征伐や、 1592年文禄の役に従軍して加増され、 1598年秀吉が没すると、 丹羽長重は徳川家康に従い前田利長の監視を命じられる。
1600年関ヶ原の戦いでは西軍に属して改易されてしまうが、 1603年に常陸国古渡に一万石与えられ、 1614年大坂冬の陣で功をあげるなど活躍。 1619年、常陸国江戸崎に一万石加増。 1622年に丹羽長重は三万石加増されて陸奥国棚倉に移封。 1627年には陸奥国白河藩主となり十万七百石を与えられる。

他の戦国武将歴史年表を探す

丹羽長重 グッズ

丹羽長重 グッズ

丹羽長重