入田親誠

にゅうたちかざね ( nyuuta-chikazane )
???? 〜 1550


入田親誠 年表



入田親誠。豊後国の大友義鑑に仕える。妻は阿蘇惟豊の娘。
義鑑の嫡男、 大友義鎮(宗麟)の教育係に命じられるが、 義鎮に疎んじられ、 義鑑も三男の塩市丸に家督を継がせたいことから、 共謀して義鎮の廃嫡を目論んで義鎮派の重臣を殺害。 そのため1550年二階崩れの変が起こり塩市丸が殺害され、 義鑑も重傷により没してしまう。
義鎮の命により戸次鑑連 (立花道雪)らに攻められて入田親誠は肥後国に逃亡。 惟豊に庇護を求めるも殺害されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

入田親誠 グッズ

入田親誠 グッズ

入田親誠