飯富虎昌

おぶとらまさ ( obu-toramasa )
???? 〜 1565


飯富虎昌 年表



飯富虎昌。甲斐国の武田信虎に仕える。弟は山県昌景
譜代家老衆のひとりで、各地を転戦。武勇に優れ「赤備え」と呼ばれる精鋭集団を率いる。 1541年信虎が嫡子の晴信 (武田信玄)により駿河国に追放されてしまうが、そのまま仕え、 信濃国佐久郡内山城主として村上義清などの侵攻を防ぐ。
また、信玄の嫡男、義信の教育係に任命されるのだが、 1565年義信は正室が今川氏ということもあり、 信玄の駿河国侵攻の方針と対立し、謀反を企てる。 しかし昌景の密告により義信は捕えられ、 飯富虎昌はこの謀反の責任を取らされ、自害する。

他の戦国武将歴史年表を探す

飯富虎昌 グッズ

飯富虎昌 グッズ

飯富虎昌