織田市

おだいち ( oda-ichi )
1547 〜 1583


織田市 年表



織田市。小谷の方とも。父は信秀。 兄弟に信長信包など。
織田市は聡明で「戦国一の美女」と称されるほどであり、 信長から「男なら良い武将になれた」と言われるほどだったという。
1567年、近江国の浅井長政に嫁ぎ、 信長は同盟を結ぶが、1570年浅井氏の同盟国、越前の朝倉義景を攻撃。 これにより長政とも対立。姉川の戦いで敗れると、 1573年には小谷城を包囲され、 長政は自害。三人の娘と共に信長軍に保護される。
1582年本能寺の変の後、 柴田勝家に嫁ぐが、羽柴秀吉と対立。 1583年賤ヶ岳の戦いで敗れ、 越前国北ノ庄城を攻められ、勝家と共に自害する。
ちなみに、織田市と長政との仲は大変良かったと言われ、 娘は茶々と言い、 はのちに徳川秀忠に嫁ぎ、 徳川家光徳川和子を出産。 和子は天皇家に嫁ぎ、一族の血は受け継がれていく。

他の戦国武将歴史年表を探す

織田市 グッズ

織田市 グッズ

織田市