織田信光

おだのぶみつ ( oda-nobumitsu )
???? 〜 1555


織田信光 年表



織田信光。尾張国守山城主。父は信定。 兄に信秀信康
「一段武篇者」といわれ武勇に優れ、1548年今川氏との小豆坂の戦いの敗戦で殿軍を務める。
信秀の跡を継いだ信長に属して転戦し、活躍。 1555年、敵対する一族で尾張国守護代の信友の重臣、 坂井大善の誘いに応じるふりをして清州城に入城。 大善今川氏の下へ逃してしまうが、 信友を殺害して清州城を奪い、信長に渡す。 代わりに那古野城を与えられて移るが、家臣の坂井孫八郎に殺されてしまう。
これには信長や、その弟の信行の一派による暗殺説もあるという。

他の戦国武将歴史年表を探す

織田信光 グッズ

織田信光 グッズ

織田信光