織田信忠

おだのぶただ ( oda-nobutada )
1557 〜 1582


織田信忠 年表



織田信忠。信長の嫡男。幼名、奇妙丸。 母は生駒氏と言われている。
1572年に元服。 父に従い石山合戦伊勢長島など各地を転戦し、 1575年長篠の戦いにも従軍。 戦後、武田軍の秋山信友が守る美濃国岩村城を包囲して攻略。 1576年、織田信忠は父から家督と尾張や美濃の国を譲られて岐阜城主となる。
1577年紀州征伐に従軍。 松永久秀の守る信貴山城の戦いで総大将となり、 1582年甲州征伐では先鋒として出陣。 父が到着する前に武田氏を滅ぼす。
しかし同年羽柴秀吉の援軍に向かうべく京都妙覚寺滞在中に、 明智光秀が父の滞在する本能寺を急襲。 救援に向かうが間に合わず、二条御所に移動。誠仁天皇を避難させてから籠城するが叶わず自害する。

他の戦国武将歴史年表を探す

織田信忠 グッズ

織田信忠 グッズ

織田信忠