織田信安

おだのぶやす ( oda-nobuyasu )
???? 〜 1591


織田信安 年表



織田信安。父は敏信。 尾張国守護代を務める岩倉家の当主で一族の嫡流。尾張国上四郡を治める岩倉城主。
当時、一族の中で尾張国下四郡を治める大和家の三奉行のひとり信秀の勢力が強く、 織田信安は当主になるも幼少のため、1537年信秀の弟、信康に犬山城にて後見される。
信秀の嫡男、信長の代になると、 美濃国の斎藤道三が子の義龍に討たれ、 信長の後ろ盾が消失。 信長と弟の信行が争うようになると、 信行を支持して対抗するが、1557年、 長男の信賢を廃して二男の信家に後を継がせようと画策し、 長男に追放されてしまい、斎藤氏を頼り信長に対抗するが、 1558年に岩倉家が没落。 1567年斎藤氏が没落すると、織田信安は京都に逃れる。 やがて許されて美濃国白銀荘に所領を与えられる。

他の戦国武将歴史年表を探す

織田信安 グッズ

織田信安 グッズ

織田信安