奥平信昌

おくだいらのぶまさ ( okudaira-nobumasa )
1555 〜 1615


奥平信昌 年表



奥平信昌。貞能の長子。三河国の徳川家康に仕える。
はじめ定昌と名乗り、1570年姉川の戦いに父と共に従軍するが、 武田信玄の侵攻が強まり1571年信玄に仕える。 1573年信玄が没すると、 家康は娘の亀姫を定昌に嫁がせる条件を出し、 父はこれを受け入れて再び家康に仕える。そのため1575年武田軍長篠城を包囲。 長篠城に籠城している定昌は、 鳥居強右衛門ら家臣の活躍もあり、援軍が来るまで見事に持ちこたえ、 長篠の戦いの勝利に大いに貢献。織田信長から一字賜り改名。 家康からは大般若長光を頂戴し、父から家督を譲られる。
1582年の甲斐、信濃国への侵攻や、 1584年小牧、長久手の戦い1590年小田原征伐にも従軍し、 家康が関東に入ると、上野国宮崎に三万石を与えられる。 1600年関ヶ原の戦いの後、 奥平信昌は京都所司代を務め、西軍の安国寺恵瓊を捕え、 1601年、美濃国加納十万石に加増転封され、三男の忠政に家督を譲る。
ちなみに、長子の家昌は転封の際に上野国宮崎に残り、のちに十万石に加増される。

他の戦国武将歴史年表を探す

奥平信昌 グッズ

奥平信昌 グッズ

奥平信昌