大久保長安

おおくぼながやす ( ookubo-nagayasu )
1545 〜 1613


大久保長安 年表



大久保長安。猿楽師の大蔵氏で、 父と甲斐国に訪れ、武田信玄に仕える。
長安は家臣として取り立てられると金山、銀山の鉱山開発など財政面を担当。 長安は信玄の跡を継いだ勝頼にも仕えるが、 1582年織田信長の軍勢により滅亡。 同年本能寺の変が起こり、 甲斐、信濃の国に侵攻してきた徳川家康の家臣、 大久保忠隣に取り立てられ、長安は名字を賜る。
それからも金山の才を発揮し、財政を支えると共に甲斐国の内政でも活躍。 1590年家康が関東に入ると、 1591年に武蔵国八王子を与えられ、検地や治水工事で活躍。 1600年関ヶ原の戦いの後、 徳川氏の天下となると内政面での活躍著しく、 大久保長安は甲斐奉行、石見奉行、美濃奉行、佐渡奉行などに務め、金山銀山を監督。一里塚などの交通整備を行う。
1613年に亡くなると派手好きが災いし、 勢力の巻き返しを謀る政敵の本多正信正純の親子の讒言により遺児七人が死罪となり、多くの者が改易。 大久保長安は家康に遺体を掘り起こされ処罰されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す


楽天で大久保長安 グッズ

大久保長安 グッズ

大久保長安