大久保忠教

おおくぼただたか ( ookubo-tadataka )
1511 〜 1582


大久保忠教 年表



大久保忠教。代々三河国の松平氏に仕え、徳川家康に仕える。 忠員の八男。兄に忠世忠佐。 彦左衛門で有名。
主に忠世に従い各地を転戦。 1590年家康が関東に入るとこれに従い、 1594年忠世の子の忠隣が跡を継ぎ、 1600年関ヶ原の戦いにも従軍する。
1613年忠佐の養子として後を継ぐ話が出るが固辞。 1614年には忠隣が失脚すると連座して改易されてしまうが、 家康に召し出され、1614年、槍奉行として千石賜る。
1625年に三代将軍、徳川家光の旗奉行となり千石加増され、 のちに余生を送りながら「三河物語」を執筆する。

他の戦国武将歴史年表を探す

大久保忠教 グッズ

大久保忠教 グッズ

大久保忠教