大久保忠行

おおくぼただゆき ( ookubo-tadayuki )
???? 〜 1617


大久保忠行 年表



大久保忠行。忠茂の五男。 兄に忠俊忠員。 三河国の徳川家康に仕える。
1563年三河一向一揆にて負傷してしまい、 武家として活躍することが不可能となってしまうと、その後、三河国上和田に住み、 餅菓子を作る才能を生かして家康に菓子を献上する菓子司となる。
1590年家康が関東に入ると神田に移り神田上水の基を築く。 これにより主水の名を与えられる。実子がいなかったので、 忠員の子の忠元を養子とし、 子孫は代々幕府御用達の菓子司となり、主水と名乗ることになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

大久保忠行 グッズ

大久保忠行 グッズ

大久保忠行