大村純忠

おおむらすみただ ( oomura-sumitada )
1533 〜 1587


大村純忠 年表



大村純忠。有馬晴純の二男。弟の子が千々石ミゲル
母が大村純伊の娘ということもあり、1538年純伊の子、純前の養子となる。 純前には実子がいたが養子に出されて後藤貴明と名乗る。 1550年純忠は家督を譲られるが、 家臣の反発や周辺の圧迫で領内経営は困難する。そこで1562年、 横瀬浦をポルトガルの貿易港として提供。イエズス会宣教師への便宜も計らい財政が潤い始める。
翌1563年、キリスト教に入信して洗礼。 大村純忠はドン・バルトロメオの名を与えられ日本初のキリシタン大名となる。 その後は領民にもキリスト教を奨励するが、1570年、 反発する家臣と貴明が呼応して反乱。横瀬浦の港を焼き払われてしまうが、 大村純忠は長崎を解放して港町を建設。その後、長崎も攻められるがポルトガル人の援護もあり撃退。 しかし龍造寺隆信の侵攻に次第に押されて従属していく。
1582年に天正遣欧少年使節を派遣。ミゲルを大村純忠の名代とする。 1584年沖田畷の戦いに従軍するが消極策をとり、 隆信の戦死を機に支配を逃れ、1587年豊臣秀吉九州征伐に従い所領を安堵される。

他の戦国武将歴史年表を探す

大村純忠 グッズ

大村純忠 グッズ

大村純忠