大野治房

おおのはるふさ ( oono-haruhusa )
???? 〜 1615


大野治房 年表



大野治房。治長の弟。母は大蔵卿局
兄と共に豊臣秀吉、豊臣秀頼に仕え、 1614年片桐且元が大坂城から追放されると、 豊臣家の中心人物のひとりとなり、大坂冬の陣で指揮を執る。 1615年大坂夏の陣では、 大和郡山城を攻めて城主の筒井定慶を敵前逃亡に追い込み、 次いで紀伊国の浅井長晟を攻めるが、 先鋒の塙直之岡部則綱らが功を焦り敗れたため大坂城へと退却する。
大坂城落城の時に秀頼の子の国松丸と共に脱出するが、 徳川軍に捕まり斬首されてしまう。
ちなみに、大野治房には国松丸との生存説もある。

他の戦国武将歴史年表を探す

大野治房 グッズ

大野治房 グッズ

大野治房