大島光義

おおしまみつよし ( ooshima-mitsuyoshi )
1508 〜 1604


大島光義 年表



大島光義。弓術に長け、美濃国の長井道利に仕える。
織田信長が美濃国を制圧すると召し出されて弓足軽頭となる。 それからは1570年姉川の戦いなど各地を転戦するが、 1582年本能寺の変が起こると美濃国に戻り、 斎藤道三の子の斎藤利堯に従う。
その後、大島光義は丹羽長秀に仕え、 1583年賤ヶ岳の戦いに従軍し、 羽柴秀吉に仕えてからは 1590年小田原征伐に従軍し、 1592年文禄の役では肥前国名護屋城に弓手二百人を率いて在陣。 1598年に美濃、尾張、摂津の国内に一万一千二百石を賜る。
1600年関ヶ原の戦いが起こると東軍に属し一万八千石に加増され、 1604年の没後、大島光義の四人の子にそれぞれ分与されることになる。

他の戦国武将歴史年表を探す

大島光義 グッズ

大島光義 グッズ

大島光義