大友義統

おおともよしむね ( ootomo-yoshimune )
1558 〜 1610


大友義統 年表



大友義統。第二十一代、宗麟の長男。
当時は豊後、豊前、筑前、筑後、肥前、肥後の北九州の六か国を治め、1576年、 父の隠居により家督を継ぎ後見をうけ、大友義統は豊後国府内で、父は臼杵で政務を行う二頭政治となる。 父はキリスト教の中心の政治を行い、切支丹王国建国の為に1578年島津氏の治める日向国に侵攻。耳川の戦いで大敗すると、 大友義統は父と対立。二頭政治の影響もあり家臣団の分裂や離反が続くことになる。
薩摩国の島津義久による肥後国への進出や、 肥前国の龍造寺隆信の筑前、豊前の国への進出によりその国の家臣が離反。 1579年田原親貫の乱や、 1580年田北紹鉄の乱などが相次ぎ国力が低下。 1586年島津氏が豊後国に侵入してくると家臣の離反は加速し、 父は大坂城で豊臣秀吉に謁見。傘下を条件に援軍を依頼するが、 戸次川の戦いで敗れ、大友義統は府内から逃れてしまう。1587年秀吉が自ら九州征伐に動くと島津氏は降伏。
大友義統は豊後一国を安堵されるが、1592年文禄の役にて敵軍を前に退去したことが秀吉の怒りに触れて改易。 大友義統は周防国山口や常陸国水戸などで幽閉の身となる。1600年関ヶ原の戦いが起こり豊後国に戻ると旧臣達が大友義統の元へと集まるが、 家臣の諫めも聞かずに西軍に参加し、 石垣原の戦い黒田官兵衛に敗れて降伏。 常陸国宍戸へ流罪となり、大友義統は再び幽閉の身となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

大友義統 グッズ

大友義統 グッズ

大友義統