大友義長

おおともよしなが ( ootomo-yoshinaga )
???? 〜 1518


大友義長 年表



大友義長。父は第十八代、親治
1497年、父は管領の細川政元や第十一代将軍、 足利義澄と通じ、当主に擁立されるが、当時は大内氏の干渉がひどく、 一族の大聖院宗心を擁立され対立。 1498年、豊前国下毛郡で大内軍を破り追放すると、 1501年、父の隠居により家督を譲られ、豊後、豊前、筑後の国の守護を務める。
それからは少弐氏などと共に大内氏に対抗するが、 1507年政元が暗殺されると1508年大内義興は山口に保護している前将軍、足利義稙を奉じて上洛。 この上洛に資金援助をして大内氏との関係を改善。 以後は領国経営に務め、1515年、子の義鑑に家督を譲り隠居。後見する。

他の戦国武将歴史年表を探す

大友義長 グッズ

大友義長 グッズ

大友義長