留守政景

るすまさかげ ( rusu-masakage )
1549 〜 1607


留守政景 年表



留守政景。父は伊達晴宗十六代伊達輝宗は兄にあたり、 留守氏十七代顕宗の娘を娶り、 嫡子宗綱を差し置いて政景が家督を継ぐ。
宮城郡高森城主となった留守政景は、 伊達輝宗、政宗父子に従い転戦。 1574年には最上義光の弟義時輝宗が後援して挙兵させると、留守政景は輝宗に従い参戦。 1577年では相馬氏を警戒し、信夫郡小斎に在陣。 1585年人取橋にも参陣し、 1587年には大崎家臣の 氏家吉継への援軍として出陣する。
しかし、1590年豊臣秀吉小田原出兵のときに遅参。その影響で所領を没収される。 それからは伊達家に仕え、 1592年朝鮮出兵では政宗に従い出陣。 伊達姓を与えられて、一門格になる。
また、1600年長谷堂城の戦いでは、 東軍の最上義光を援け上杉景勝と戦うが、 1607年二月三日に亡くなる。

他の戦国武将歴史年表を探す

留守政景 グッズ

留守政景 グッズ

留守政景