了学

りょうがく ( ryougaku )
1549 〜 1634


了学 年表



了学。浄土宗の高僧。 下総国の千葉氏に仕える高城胤吉の三男。
1562年頃、小金城下の東漸寺に入り出家。 1584年には東漸寺七世となる。1590年豊臣秀吉小田原征伐により小金城が落城し、 高城氏は没落してしまうが、 浄土宗を信仰する徳川家康が関東に入ったことにより、 常陸国飯沼にある弘経寺を復興し、上総国大多喜に良信寺を創建。また、江戸城で度々法談を行う。
1600年には家康の推挙により紫衣を授かり、 1632年には増上寺十七世となり、二代将軍、 徳川秀忠が亡くなると葬儀の導師を務め、三代将軍 徳川家光から四谷の地を賜り、了学寺を建立して隠棲。 余生を送るが、現在廃絶となっている。

他の戦国武将歴史年表を探す

了学 グッズ

了学