相良為続

さがらためつぐ ( sagara-tametsugu )
1447 〜 1500


相良為続 年表



相良為続。十一代目、長続の三男。日向国の伊東氏と同族で、 祖先は藤原南家工藤氏
1467年に家督を継ぐ。 1482年島津氏の内乱鎮圧の最中、 父に世話になった名和顕忠が八代に侵攻。 これにより名和氏と対立を深め、 為続は1484年古麓城1487年豊福城を奪う。
同年、 弟の頼泰が嫡子の長泰を擁立して謀反を起こすが討ち取り、 1493年には「相良氏法度七条」を定めるが、 1499年菊池能運との戦いに敗れると、諸豪族が離反。 各地から撤兵して球磨、葦北の二郡を守る。
為続は文化人として連歌にも長じ、「新撰兎玖波集」に選ばれる。

他の戦国武将歴史年表を探す

相良為続 グッズ

相良為続 グッズ

相良為続