斎藤龍興

さいとうたつおき ( saito-tatsuoki )
1548 〜 1573


斎藤龍興 年表



斎藤龍興。美濃国稲葉山城主、義龍の庶子。
尾張国の織田信長の侵攻をうける中、 1561年、父の没後、斎藤龍興は十四歳で家督を継ぐ。 政務を行わず、飛騨守などの奸臣を重用して家臣の離反を招き、 織田氏に内応する者が続出。 1564年には竹中半兵衛の他、 十六人に稲葉山城を乗っ取られ、追放されてしまう。
後に返還されるが、1567年、西美濃三人衆こと稲葉一鉄氏家卜全安藤守就信長に通じ、 稲葉山城を攻められて落城。 斎藤龍興は伊勢国長島へと逃れ、信長に抵抗する勢力を転々として復帰を目指す。 のちに越前国の朝倉氏を頼るが、1573年刀禰坂の戦い織田軍と争い討死してしまう。
越中国での生存説もあるという。

他の戦国武将歴史年表を探す

斎藤龍興 グッズ

斎藤龍興 グッズ

斎藤龍興