里見義康

さとみよしやす ( satomi-yoshiyasu )
1573 〜 1603


里見義康 年表



里見義康。義頼の長男。
1587年に跡を継ぐ。安房、上総の国を治めるが、1590年豊臣秀吉小田原征伐に遅参。安房国のみを安堵される。
戦後、関東を治める徳川家康に接近。 従四位下、侍従に叙され、羽柴姓を許される。 1592年文禄の役にて肥前国名護屋城に在陣。 1600年関ヶ原の戦いでは東軍に属し、 常陸国鹿島郡三万石を加増され、安房国館山藩の初代藩主となる。
しかし子の忠義の代に大久保忠隣の事件に連座させられ、 伯耆国に流されてしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

里見義康 グッズ

里見義康 グッズ

里見義康