千宗旦

せんそうたん ( sen-soutan )
1578 〜 1658


千宗旦 年表



千宗旦。茶人。父は少庵。 母は利休の娘、お亀
幼くして仏門に入れられて、春屋宗園の下で修行。 1594年、父が京都に戻ると還俗させられ、後見される。 1600年頃に家督を譲れらる。 利休の切腹事件もあって一切仕官しなかったが、子たちには仕官させる。
長男の宗拙は勘当。 二男の宗守は武者小路千家。 三男の宗左は表千家。 四男の宗室は裏千家を興して三千家として現代に至り、 宗旦は中興の祖といわれ、その茶風は清貧で乞食宗旦とまで呼ばれる。

他の戦国武将歴史年表を探す

千宗旦 グッズ

千宗旦 グッズ

千宗旦