斯波義敏

しばよしとし ( shiba-yoshitoshi )
1435 〜 1508


斯波義敏 年表



斯波義敏。父は分流の持種
越前、尾張、遠江の国の守護を務める本家の武衛家の当主、義健が早世。 跡継ぎがいない為、1452年に養子となり家督を継ぐが、 傲慢で専横する守護代の甲斐常治と対立。 越前国では堀氏朝倉氏の争いに発展。 斯波義敏に属する堀氏が戦を有利に進めるも幕府の提案を拒否し、 幕府は朝倉氏に傾倒。
1459年、第八代将軍の足利義政から堀越公方、 足利政知の救援の命を受けるが、 その兵で甲斐氏の越前国敦賀城を攻めて敗れ、 将軍の怒りを買い、家督を嫡男の松王丸に譲らされてしまう。
周防国の大内氏を頼り、1461年、 将軍の命で家督が一族の渋川義廉に継がれるが、 1466年には将軍の命で再び家督を継ぐ。 これに義廉が反発して縁戚の山名宗全を頼り、 斯波義敏は細川勝元を頼り、応仁の乱の一因となる。
越前国を朝倉孝景に奪われ、 晩年の斯波義敏は義政の側で連歌などに興じる。

他の戦国武将歴史年表を探す

斯波義敏 グッズ

斯波義敏 グッズ

斯波義敏