志岐鎮経

しきしげつね ( shiki-shigetsune )
???? 〜 ????


志岐鎮経 年表



志岐鎮経。肥後国天草諸島を治める天草五人衆のひとり。
豊後国の大友義鎮に従い一字賜り、 義鎮が出家して宗麟と名乗ると一字賜り、 志岐鎮経は麟泉と名乗る。また、志岐鎮経には子がなく、有馬晴純の子で、 大村純忠の弟の親弘を養子に迎え、1566年アルメイダを招いてキリスト教の布教。 受洗してドン・ジュアンと名乗り、南蛮貿易の利益を求めるが、うまくいかず棄教。 1570年以降は貿易船は途絶え、志岐鎮経はキリシタンを迫害。1578年大友氏耳川の戦いで敗れて衰退すると、 龍造寺氏に従うが、1582年有馬氏島津氏に従うと、これに従う。
1587年豊臣秀吉九州征伐により、 島津氏が降伏すると、秀吉に属して本領を安堵されるが、 1589年小西行長の宇土城普請の夫役を拒否。 これに他の天草領主も従い、小西軍を破るが、 隣国の加藤清正らの軍勢が加わり、 籠城の末、助命を条件に降伏。養子の妻の実家の島津氏を頼る。

他の戦国武将歴史年表を探す

志岐鎮経 グッズ

志岐鎮経 グッズ

志岐鎮経