島津勝久

しまづかつひさ ( shimadu-katsuhisa )
1503 〜 1573


島津勝久 年表



島津勝久。第十一代、忠昌の三男。母は豊後国の大友氏
父の代に薩摩、大隈、日向の国の領内では一族などの内乱が起こり、1508年に父。 1515年に長兄の忠治1519年に次兄の忠隆と相次いで当主が没してしまい、 父や兄は文化に傾倒して領内が乱れて国力が衰退。 跡を継ぐも薩州家の一族、実久が勢力を強めて当主となることを強要。 これに対して1526年、伊作家の一族、忠良の子、 貴久を養子に迎えて伊作に隠居するが1527年実久に擁されて再び国政を行う。
これに対して家臣らが諌めるも聞き入れず、 再び実久と対立すると攻められて各地を放浪。豊後国へと逃れる。

他の戦国武将歴史年表を探す

島津勝久 グッズ

島津勝久 グッズ

島津勝久