島井宗室

しまいそうしつ ( shimai-soushitsu )
1539 〜 1615


島井宗室 年表



島井宗室。名は茂勝。博多商人。親族関係に神屋宗湛
島井宗室は博多で酒屋、金融業を営み、明や朝鮮との貿易で財を成す豪商で、 当時、筑前国を支配する大友宗麟や、 対馬の宗氏などに軍資金を調達して特権を得る。
また、堺の豪商や茶人と好を築き、1578年耳川の戦いにて大友氏が敗れて衰退すると、 島井宗室は特権などの地位を危惧して織田信長に接近するが、 1582年本能寺の変にて没してしまう。
その後は豊臣秀吉に接近し、 京都や畿内から博多、対馬への経路を確保して、南蛮や朝鮮などの貿易品の取引を行う。 また、九州征伐にも協力。秀吉が朝鮮への派兵を画策すると、 宗義智と共に朝鮮に渡って戦争回避の折衝を行うが、失敗。 それからも秀吉に反対し蟄居を命じられる。
許されると石田三成と共に筑前国の発展に協力し、 1600年関ヶ原の戦いの後、 黒田氏が筑前国に移封されると、福岡城の築城に協力する。

他の戦国武将歴史年表を探す

島井宗室 グッズ

島井宗室 グッズ

島井宗室