武田勝頼

たけだかつより ( takeda-katsuyori )
1546 〜 1582


武田勝頼 年表



武田勝頼。甲斐国、信玄の四男。母は諏訪御料人
武勇に優れ、母方の諏訪氏を継ぎ、1562年に信濃国高遠城主となる。 1565年、長兄の義信は謀反が発覚して東光寺に幽閉。 1567年に自害。次兄は盲目。三兄の夭逝から跡継ぎとされ、 駿河国侵攻三方ヶ原の戦いに従軍。 1573年に父が病没すると跡を継ぐ。
美濃国に侵攻し、父が落とせなかった遠江国の高天神城を攻略するなど武田勝頼は勢力を拡大するが、 1575年長篠の戦い織田徳川の連合軍に大敗。武田勝頼は多くの重臣や兵士を失い、両氏の攻勢により勢力が縮小。
1578年、越後国で後継者争いが起こると、 武田勝頼は北条氏との同盟関係からはじめ上杉景虎に属すが、 対する上杉景勝と和睦。 景勝が勝利すると北条氏との同盟が決裂。東西を挟まれる。
1581年徳川氏に高天神城を攻められる援軍を送ることが出来ず落城。 武田勝頼が韮崎に新府城を築こうとして負担を強めると、国人衆や一門衆が離反し始め、 1582年木曾義昌織田氏に内通。 甲州征伐が始まると一門の穴山信君までが離反。 武田勝頼は天目山で妻子や一族と共に自刃する。

他の戦国武将歴史年表を探す

武田勝頼 グッズ

武田勝頼 グッズ

武田勝頼