竹中重門

たけなかしげかど ( takenaka-shigekado )
1573 〜 1631


竹中重門 年表



竹中重門。豊臣秀吉の軍師、 重治こと半兵衛の嫡男。
1579年に跡を継ぐと、 1584年小牧、長久手の戦いに従軍。 1589年には美濃国不破郡から五千石与えられる。 1590年小田原征伐にも従軍。 1592年文禄の役では肥前国名護屋城に駐屯。 1598年には河内国に千石加増される。
1600年関ヶ原の戦いでは、 はじめ西軍に属すが井伊直政を通じて東軍に寝返り、 戦後の九月十九日小西行長を捕える。 その後、千石を加増され、1614年からの大坂の陣にも従軍。
竹中重門は林羅山から和漢を学んで和歌や文筆に優れ、1631年秀吉の伝記「豊鑑」を著す。

他の戦国武将歴史年表を探す

竹中重門 グッズ

竹中重門 グッズ

竹中重門