滝川雄利

たきがわかつとし ( takigawa-katsutoshi )
1543 〜 1610


滝川雄利 年表



滝川雄利。雄利の父は伊勢国の木造氏
はじめ出家して僧として木造氏に仕える。1567年織田信長伊勢国侵攻が始まるとのち、 還俗して滝川一益の娘婿となる。
それからは信長の二男、織田信雄の家老となり、 伊勢国の統一や伊賀国への侵攻に従い、1582年北畠氏の反乱を鎮圧。 1584年小牧、長久手の戦いが始まると、 信雄徳川家康と結んで羽柴秀吉に対抗するが、 信雄秀吉と単独で講和。
以後は秀吉に仕え、 1587年九州征伐や、 1590年小田原征伐に従軍。 戦後、伊勢国神戸城主として二万石与えられる。
1592年文禄の役などを経て五千石を加増。 1600年関ヶ原の戦いでは西軍に属して改易されるが、 1601年家康に召し出されて常陸国片野に二万石与えられ、 滝川雄利は片野藩の初代藩主となる。

他の戦国武将歴史年表を探す

滝川雄利 グッズ

滝川雄利 グッズ

滝川雄利