滝川一益

たきがわかずます ( takigawa-kazumasu )
1525 〜 1586


滝川一益 年表



滝川一益。織田信長に仕える四天王のひとり。
近江国の出身という。鉄砲の腕に秀で、仕えるようになるという。 1567年からの伊勢国侵攻では、 木造具政など北畠氏の諸将を調略するなど活躍。 1570年から石山本願寺との戦いが始まると、 伊勢長島一向一揆との戦いが激化。 滝川一益も桑名城に籠城するなど苦戦する。
朝倉氏との戦いなど各地を転戦し、1574年伊勢長島一向一揆鎮圧のため滝川一益は、 九鬼嘉隆と共に海上から攻撃。それらの功により北伊勢の五郡を与えられ、 1575年長篠の戦い越前国一向一揆など各地を転戦し、 1580年頃からは北条氏など関東方面を担当。
1582年甲州征伐にて滝川一益は、 信長の嫡男、織田信忠に従い出陣。 武田氏を没落させると、関東管領として上野国と信濃国の一部を与えられ、 滝川一益は厩橋城に入城するが、同年本能寺の変にて信長が没すると、 北条氏との神流川の戦いに敗れ、伊勢国に帰国。 帰国中のため滝川一益は清州会議に不参加となってしまう。
それからは柴田勝家と結んで羽柴秀吉に対抗するが、 勝家賤ヶ岳の戦いで敗れ、 勝家織田信孝と相次いで自害して孤立。 滝川一益は長島城で抵抗の末に降伏。秀吉に蟄居を命じられてのち仕え、 1584年小牧、長久手の戦いに従軍。三千石を与えられる。

他の戦国武将歴史年表を探す

滝川一益 グッズ

滝川一益 グッズ

滝川一益