徳川秀忠

とくがわひでただ ( tokugawa-hidetada )
1579 〜 1632


徳川秀忠 年表



徳川秀忠。家康の三男。母は側室の西郷氏
長兄の信康が亡くなり、 次兄の秀康豊臣秀吉の養子、 次いで結城氏の養子となり、これらの経緯から徳川秀忠が跡継ぎとして浮上。
1590年小田原征伐では人質として上洛。 豊臣氏の下におり、 1595年を正室に迎える。 1600年関ヶ原の戦いで初陣。 徳川秀忠は別働隊を率いて中山道を進み、真田昌幸真田幸村の親子が籠る信濃国上田城攻めでは敗れるが、 その後の他の戦いでは手際よく勝利を収め、本戦に向かうも天候不順などにより遅参。父の不興を買う。
1605年に家督を譲られ、第二代征夷大将軍に就任。 実権は大御所の父が握り続けるが政治に努め、武家諸法度などの政策を定着させ、 娘の和子を皇室に嫁がせるなど、幕府の基盤確立に尽力。 1623年に嫡男、家光に将軍職を譲り隠居。大御所となって実権を握る。
徳川秀忠は武勇では他の兄弟に劣るが治世の才を見込まれ、父の路線を律儀に守る。

他の戦国武将歴史年表を探す

徳川秀忠 グッズ

徳川秀忠 グッズ

徳川秀忠