徳川義直

とくがわよしなお ( tokugawa-yoshinao )
1600 〜 1650


徳川義直 年表



徳川義直。家康の九男。母はお亀の方
1603年、甲斐藩主として二十五万石与えられるが、甲斐国に入ることはなく、 1606年に元服。1607年、尾張国清州藩主に転封。 1608年に尾張一国を与えられて尾張藩祖となり、徳川義直は名古屋城完成後に移る。
1614年からの大坂の陣に従軍。 その後は積極的に藩政に努め、儒学を学び、 柳生利厳から新陰流を学んで新陰流第四宗家となるなど文武に努めるが、 1634年、第三代将軍、 家光が病床の時に江戸を守るために大軍を率いたのを謀反と勘違いされ、 御三家の尾張藩からは将軍が選ばれなくなってしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

徳川義直 グッズ

徳川義直 グッズ

徳川義直