鳥居元忠

とりいもとただ ( torii-mototada )
1539 〜 1600


鳥居元忠 年表



鳥居元忠。忠吉の三男。三河国の松平氏に仕える。
のちの徳川家康こと松平竹千代今川氏の人質時代から近侍し、 1558年寺部城攻め1570年姉川の戦い1572年三方ヶ原の戦いなどに従軍。 長兄の忠宗1547年に亡く、 次兄の本翁意伯は出家のため、1572年、鳥居元忠が跡を継ぐ。
鳥居元忠は1575年長篠の戦い1580年高天神城攻め1582年本能寺の変の後の甲斐、信濃の国への侵攻などに従軍。 それらの功もあり、北条氏との境の地域を任され統治。 1585年真田昌幸の守る上田城攻めでは、 大久保忠世平岩親吉と共に任されるも敗れてしまうが、 1590年小田原征伐に従軍して岩槻城を攻め、 家康が関東に入ると鳥居元忠は下総国矢作城四万石を与えられ、東北大名への抑えを任される。
1600年関ヶ原の戦いでは伏見城におり、 西軍を引きつけて籠城。徹底抗戦の末、鳥居元忠は討死してしまうが、これにより家康は勝利を手にする。

他の戦国武将歴史年表を探す

鳥居元忠 グッズ

鳥居元忠 グッズ

鳥居元忠