藤堂高虎

とうどうたかとら ( toudou-takatora )
1556 〜 1630


藤堂高虎 年表



藤堂高虎。近江国の土豪。虎高の二男。築城の名手。
藤堂高虎、幼名を与吉といい、浅井長政に仕え、 1570年姉川の戦いで功をあげるが、 1573年浅井氏が没落。 藤堂高虎は阿閉貞征磯野員昌と仕え、 近江国を去って織田信澄に仕えるも出奔。
羽柴秀吉の弟の羽柴秀長に仕え、功をあげて三千石を与えられ、 1583年賤ヶ岳の戦いや、 1585年紀州征伐四国征伐1587年九州征伐などに従軍して功をあげ、 都度加増されて藤堂高虎の知行は二万石となる。 秀長が没すると跡継ぎの豊臣秀保にも仕え、 1592年文禄の役に代理として渡海。
1595年秀保が没すると藤堂高虎は出家して高野山に上るが、 秀吉に召し出されて還俗。五万石加増されて伊予国板島城主に任じられる。 1597年慶長の役でも功をあげて一万石加増。 秀吉の没後は徳川家康に接近し、1600年家康会津征伐に従軍。 関ヶ原の戦いでは東軍に属して大谷吉継と戦い、 諸将を調略。藤堂高虎は戦後、伊予国に二十万石を与えられて今治城主となる。
1608年、藤堂高虎は伊賀一国と伊勢国八郡を与えられて二十二万石で移封。 津藩主となり、1614年大坂冬の陣に従軍。 1615年大坂夏の陣では、 長宗我部盛親の軍と戦い、一族を含め多くの死傷者をだすが三十二万石に加増。 その後、藤堂高虎は領内経営に務め、会津藩、高松藩、熊本藩などの後見も務める。
藤堂高虎は外様の先鋒を任されるほど家康からの信頼が厚く、 秀忠家光からも高く信頼される。

他の戦国武将歴史年表を探す

藤堂高虎 グッズ

藤堂高虎 グッズ

藤堂高虎