豊臣秀次

とよとみひでつぐ ( toyotomi-hidetsugu )
1568 〜 1595


豊臣秀次 年表



豊臣秀次。のちに三好吉房と名乗る尾張国の農民、弥助の長男。 母が豊臣秀吉の姉、日秀尼。 弟に秀勝秀保
1572年秀吉は浅井家臣、 宮部継潤を調略。その養子となる。 1582年本能寺の変の後、 三好康長の養子となり三好信吉と名乗り、 1583年賤ヶ岳の戦いに従軍。
しかし1584年小牧、長久手の戦いにて大敗。 何とか脱出し、秀吉から叱責されてしまうが、 1585年紀州征伐四国征伐では副将を務めて功をあげ、 秀次と改名。近江国に四十三万石を与えられる。
豊臣秀次は1590年小田原征伐にも副将として出陣。 戦後、織田信雄の改易により尾張国と北伊勢国五郡を与えられて百万石。 1591年秀吉の嫡男、 鶴松が没してしまい、養子となって関白に就任。豊臣秀次は聚楽第に住まうが、 1593年秀吉の子、 秀頼が誕生すると一変。 1595年、豊臣秀次は謀反の疑いをかけられて高野山へ追放され、 七月十五日、命じられて自害。悪逆の汚名を着せられてしまう。
秀次の妻子、一族は京都三条河原にて処刑され、 のちに秀頼を補佐するであろう豊臣家の成人はいなくなってしまう。

他の戦国武将歴史年表を探す

豊臣秀次 グッズ

豊臣秀次 グッズ

豊臣秀次