豊臣秀頼

とよとみひでより ( toyotomi-hideyori )
1593 〜 1615


豊臣秀頼 年表



豊臣秀頼。幼名、拾。父は豊臣秀吉。母は淀殿
1595年、父が養子の秀次を自刃させ、世子となる。 秀頼を補佐させるために五大老、五奉行を制定するが、 1598年に父が没すると、五大老のひとり徳川家康が勢力を強めていく。
1600年関ヶ原の戦いが起こり家康が勝利すると政権を掌握。 勝手に知行を分配し、豊臣秀頼には摂津、河内、和泉の国に六十五万石と取り決め、 大坂城主とされ、大名扱いとなる。1603年徳川秀忠の娘、 千姫と結婚。1605年、豊臣秀頼は右大臣に任じられる。
しかし1614年家康らは方広寺の鐘銘文に難癖を付けて大坂城に進軍。 大名らは徳川氏に味方し、豊臣秀頼らは浪人らを集めて抵抗。 浪人衆らの提案を大野治長や母が反対して籠城するなどまとまらなかったが、 大坂冬の陣では真田幸村ら浪人衆の活躍により、 家康は和議を提案。豊臣秀頼は反対するも母らの主張で和議。 この時に守りの要の水堀を埋められてしまう。
1615年、再び難癖を付けられて大坂夏の陣が勃発。 籠城もままならず野戦を仕掛けて奮戦するも多くの者が討ち取られ、 大坂城に籠城。豊臣秀頼は母や治長らと共に自害。 子の国松は捕えられて殺され、 娘の天秀尼千姫の働きかけもあり、仏門に入ることで助命される。
豊臣秀頼には父の正室、ねねの縁者で薩摩国日出藩主、 木下延俊の下へ幸村らと逃れる生存説もある。

他の戦国武将歴史年表を探す

豊臣秀頼 グッズ

豊臣秀頼 グッズ

豊臣秀頼