津軽信牧

つがるのぶひら ( tsugaru-nobuhira )
1586 〜 1631


津軽信牧 年表



津軽信牧。信枚とも。為信の三男。
父の薦めで兄たちと共にキリスト教徒になる。 1600年関ヶ原の戦いで東軍に属す。 1607年、兄の信健の病没後、間もなくして父が没してしまい、 跡を継ぎ、天海に接近。
1608年、兄の子を跡継ぎにしようとする一派が出て家督争いが起こるが、 幕府との繋がりもあり勝利し、反対派を粛清。 1609年から弘前城の築城を正式に開始して1611年に完成。 1613年徳川家康の養女、 満天姫を妻に向かえる。

他の戦国武将歴史年表を探す

津軽信牧 グッズ

津軽信牧 グッズ

津軽信牧